絶好調なんJ

野球のネタに関するまとめブログです。

相互リンク募集中です。

昔山田哲人っていうすごい選手いたよな

  2017/06/27(火) 04:16:16.35

行方不明だけど


続きを読む

【悲報】巨人さん、統計学者にボロクソに言われてしまう

  2017/06/26(月) 21:35:55.71

「今年の巨人がこんなに弱い理由」を統計学で解明してみた
−実は、球団の「あの伝統」が原因だった

昨日(6月20日)まで29勝36敗、4位と低迷し、5月から6月にかけて球団ワースト記録となる13連敗を喫した巨人。
これほどまでに成績がふるわない要因は、いったいどこにあるのだろうか。

メジャーリーグ(MLB)でも重要視されている「セイバーメトリクス」を使って詳しく分析してみると、巨人が今年こんなに弱い理由がハッキリとわかった。



続きを読む

【悲報】巨人、Bクラス落ちなら一斉リストラも “クビ切りリスト”に載る選手

  2017/06/27(火) 09:40:41.77

 球団史上ワーストの13連敗を喫したこともあり、このオフは大掛かりなリストラが敢行されるとチーム内ではもっぱら。
実際、今月半ばに就任した鹿取義隆GM(60)は就任会見でこう話している。 

「(近年)若い選手が出てこなかったところに欠陥がある。そこを補うプランニングをして、いいスカウティングをして育てていく」

 育成重視を掲げた新GMが、働かない“ロートル”を一掃する、と受け止められているのだ。

■タイトルホルダーを一挙放出か

 そこで、真っ先にやり玉に挙げられそうなのが、11、12年に最多勝のタイトルを獲得した元エースの内海哲也(35)である。さるチーム関係者がこう言う。

「15日のソフトバンク戦では2失点ながら4回で降板させられ、そのまま二軍落ち。
この試合をテレビ解説していた原前監督が『2点は投手の責任じゃない。
内海がどういう存在で、どういう位置付けなのか。これじゃ何も残らない』と由伸采配をチクリとやっていたが、由伸監督にとってはその程度の評価ということでしょう。
内海に思い入れがある前監督は怒る起用法でも、これまで7試合で1勝5敗、防御率は6・06。高橋監督にとっては当たり前の決断で、今季の抹消はすでに2度目。
一軍昇格はもうないかもしれません。内海は功労者だが、GMもシビアに判断すると思う」

 チーム関係者がそう予測するのは、鹿取GMの現役時代を知るからだ。鹿取GMは王監督時代、5年間で275試合に登板した絶対的リリーフエースだった。
それが、89年に藤田監督に代わった途端、21試合登板と出番が激減。
それどころか、オフに「来年巨人に残っても使い方は変わらない。出て行ってもいいぞ」と言われ、トレードの道を選んだ。

「移籍先の西武1年目に24セーブを挙げてタイトルを獲得し、見事に復活を果たしただけに、トレードは選手のためになると経験として知っている。
選手を放出したり、クビにすることを躊躇しないともっぱらです。過渡期のチームにあって、このオフにベテランを大量リストラするためにGMに抜擢されたと言われるほどです」(前出の関係者)


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】 巨人・陽岱鋼に「走れない」疑惑
  • 【悲報】 巨人・陽岱鋼に「走れない」疑惑
  • 【悲報】 巨人・陽岱鋼に「走れない」疑惑
  • 仁~JIN~ってほんまにええドラマやったな
  • 2017年版・球界三大イケメン
  • 2017年版・球界三大イケメン
  • 2017年版・球界三大イケメン
  • 2017年版・球界三大イケメン
  • 2017年版・球界三大イケメン
  • 2017年版・球界三大イケメン
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
野球関連雑誌